本文へスキップ

訪問マッサージ・リハビリは在宅マッサージひまわりへ。さいたま市桜区・中央区・富士見市・ふじみ野市

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-857-667

〒338-0812 さいたま市桜区神田16-1

施術風景photo

マッサージの施術風景

マッサージ施術の様子をご紹介します。


腰下肢のマッサージ

腰痛や、下肢の痛みに対してのマッサージです。
うつぶせの姿勢が出来ない方には、横向きの姿勢で、腰のマッサージを行なっております。
 長期臥床の方には、腰痛の緩和や、褥瘡(床づれ)予防にも効果があります



 ふくらはぎのマッサージとストレッチ


 歩ける方は、歩行することで筋肉にポンプ作用が働き、血液が心臓に戻りますが、歩行が困難な方などは、それが出来にないために、足がむくみやすくなります。
 ふくらはぎや足の裏を、心臓に向け血液を送るようにマッサージをしたり、筋肉を曲げたり伸ばしたりストレッチをしたりと、ポンプ作用を助けてあげることで、血流が良くなり、冷え、むくみの改善にとても効果があります。
 
 心臓疾患による浮腫
や、リンパ性の浮腫等で、お困りの患者様。是非一度、当院のマッサージをおためし下さい!
 ふくらはぎや、足の甲などをメジャーで計って毎回記録しております。
浮腫により、ふくらはぎ周りが、最大
40.8cmだった方が、3カ月ほどで30.2cmまでになった等、ご好評頂いております。 
 また、むくみ用ストッキング等では圧迫が強すぎる方に、弾性包帯での圧迫も行っております。



大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)の筋力強化

 歩行するときに重要になる筋肉を強化することで、歩行が安定してきます。
 その他、前脛骨筋(脛の前側の筋肉)を強化することで、つまづきや、転倒の危険性を軽減することが出来ます。



肩関節可動域訓練


 健康な人は、通常、自然に身体を動かしているため、筋肉や関節のこわばりを防いでいます。
 しかし、麻痺によってこれが出来ない場合、他動的に身体を動かす必要があります。
リハビリをしないままでいると、拘縮が進み、手や足の拘縮痛が強く出たり、徐々に関節可動域が狭くなってきます。

 リハビリは、全身の機能低下を予防するためにも、大切です。



顔のマッサージ

 顔面神経が麻痺し、言葉を話しにくくなった方には、顔のマッサージも行なっております。

「スッキリした!」
「少し、喋りやすくなった」

と、言って頂けます


片足を上げてバランス訓練


 歩行中に転倒して、骨折などしてしましますと、ご高齢の方の場合、回復にとても時間がかかります。その間、筋力が低下して、寝たきりになってしまうことさえあります。
 転倒しないために、バランス感覚を養うことや、筋力を維持することが大切です。
 また、何かに掴まって移動するように意識するなど、転倒の危険性を減らす事も大切です。


ゴムを引っ張って筋力トレーニング

 リハビリ用のゴムを引っ張り、無理なく筋力とレーニングを行ないます。



立ち上がり練習・下肢の筋力強化

 
施設廊下を使っての立ち上がり練習です。

 こちらのご利用者様は、立ち上がりはほぼ自立しておりますが、膝折れも時々見られる為、安全性を高めるため片手にて、補助を行い、屈伸運動を行っております。

自立歩行が、ご本人様の目標です。





トイレ移乗訓練

 御家族からの御要望で一番多いのが
「トイレに一人で行けるようになってほしい」
ということです。
 夜中、トイレの度にご家族様を起こすことを気兼ねされる方も多く、ご家族様にとっても負担が大きい様です。
練習して、
「一人で(ポータブル)トイレに行けるようになった」
と、喜びの声を頂いたこともあります。


鍼を用いた施術

 お好みにより、鍼(はり)を使った治療も行なっております。
 ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しておりますので、感染の心配はありません。




灸を用いた施術

 お好みで、お灸も行なっております。

 当院が使用している灸は、「台座灸」といい、もぐさの下にクッションがあるため、熱を和らげます。
また、54度ほどに温度設定されているため、やけどすることもなく、多くのご利用者様から
「気持ちいい!」
と、言っていただけております。

 左の写真では、腰の周りがしばらく温かくなり、腰の痛みを緩和します。
また、もぐさの香りで香りで、
精神的な癒しの効果もあるようです。



施術について

クリニック外観

 人にはそれぞれ「体調」があります。
毎日食べたいものが違うように、マッサージも、足の裏が疲れていたり、肩が凝っていたりと、毎日好みも変わります。
肩も腰も、トリガーポイント(痛みの引き金となる部分)が1cmずれただけで「気持ちいい」と感じるところからずれてしまいます。
 大事なことは、身体の状態をしっかり把握することです。
そしてそのためには、下記の4つのことが、必要となってきます。
  
@問診  A望診  B聞診  C切診
です。

@問診とは御本人様や御家族様から身体の状態をお聞きすることです。
新しい医道とは、押しつけの施術ではなく、納得の施術です。
 ご利用者様と施術者とは、対等な立場でなければ、問診は絶対にうまくいきません。
 施術者が一方的に話をして、ご利用者様の言っている事に声に耳を傾けないようでは、小さな変化に、とても気づくことができません。

A
望診とはみることです。
体型・顔色・姿勢・歩き方・動作・目の力(輝き)等には、様々な情報が含まれています。
問診で得た情報と合わせて、心身の状態を判断する重要な手掛かりとなります。

B
聞診とは問診で交わされる対話を通じて、声の高低と調子、話の流暢性、応答の正確さ、呼吸の仕方などを観察することです。
咳があれば、その様子は十分観察します。
また、体臭や口臭も同様です。ここから、消化不良や胃腸の変化等が推測できます。

C
切診とは触れながら対話することです。
「てあて」の語源には、「苦痛のある部位へ手を当てる」ところにあり、身体の状態を心身共に理解するには、触れながら対話を行なうという医道の原点でもあります。
触れる事は、臨床では特に大事です。
 また、触れながらの対話は、ご利用者様と施術者との、信頼関係を築く上で有効であるだけでなく、不安・緊張・痛みを、和らげる効果が認められており、重要な役割を果たしています。

在宅マッサージ ひまわり
(株)ひまわりケアサービス
在宅マッサージひまわり

〒338-0812

さいたま市桜区神田16-1
TEL 0120-857-667
  048-857-5401
FAX 048-753-9539
Eメール aikawa@jewel.ocn.ne.jp